絹女vsキヌージョワールド。違いをクセ毛女子が使って比較してみた!

「定番の絹女」と「海外使用できるKINUJO W」どっちを買ったら良いの?

この記事では両方購入し使った私がどちらが、あなたにオススメか解説します。

使って分かったデメリットも紹介するので、アイロン選びの失敗を防げると思います!

結論を先にお話しすると…

両方使ってみてのオススメは絹女です。

違いを一言で表すなら、絹女の性能を最小限にしたのがKINUJO W。

  • 絹女
    圧倒的に使いやすい&時短。満足度★5
  • KINUJO W
    海外在住or持ち運びメインならオススメ。汚れやすいのが残念…

送料無料!安心の1年保証つき

ヘアアイロンは7本以上し徹底的に比較しましたが絹女シリーズは髪が痛みづらく・初心者でも安心して使えるので自信を持ってオススメできます!

実際に使ってみて分かった細かい点も書いていくので、貴方に合う方を選んでみてください。

あなたにぴったりなアイロンが見つかる!ストレートヘアアイロンおすすめ20種比較ランキング

目次

絹女とキヌージョワールドの基本情報

基本情報

製品名・絹女〜KINUJO〜
・KINUJO W-worldwide model-
値段・絹女:19,800円(税込)
・KINUJO W:13,200円(税込)
メーカー株式会社KINUJO
KINUJO
シリーズ
商品一覧
・ドライヤー
・海外対応版アイロン
・ミニアイロン
・カールアイロン
・コードレスヘアアイロン
KINUJO
シリーズ
公式
https://www.kinujo.jp/products/
絹女シリーズの基本情報

共通の特徴はシルクプレート!

シルクプレートの特徴

  • 高温でもジュッとならない高保湿力
  • 摩擦ダメージを減らす滑らかな素材
  • 耐久性◎約3万回のテストをクリア

シルクプレートは株式会社KINUJOが独自開発したアイロンプレート。

ベージュに茶色のラインが入った特徴的な見た目。

高温でも「水蒸気爆発」を防ぎアイロン後も髪がしっとり♪

アイロンで髪が痛む「水蒸気爆発」とは?

アイロンの水蒸気爆発は髪のダメージになります

アイロンで髪が痛む原因・痛まない使い方

絹女とキヌージョワールドの5つの違いを比較

絹女とキヌージョワールド、どちらもかなりコスパが良くぶっちゃけ買って後悔することはほとんどないと思います。

でも買うなら貴方にあった方を是非選んでください!

使いやすさなら絹女がオススメです。

選ぶ時の5つのポイント

  1. サイズ:絹女が本体もプレートも大きい
  2. 価格:絹女の方が6,600円高い
  3. 温度調整:絹女の方が細かい
  4. 本体の色・素材:艶orマット
  5. 海外対応:KINUJO Wのみ対応

細かい比較はこちら

税込価格サイズ(mm)重さプレート素材
サイズ(mm)
温度立ち上がり海外対応本体の色・素材コード長ロック機能自動電源OFFこんな人にオススメ

絹女
¥19,800縦:288
横:62
高:38.5
約390gシルクプレート
縦:100
横:28
130℃~220℃
10℃毎の10段階
180℃まで約20秒非対応パール
ホワイト
約2.5mなしあり
約1時間後
使用頻度が高い
クセが強い
髪が多い

KINUJO W
¥13,200縦:289
横:40
高:31
約346gシルクプレート
縦:90
横:24
140℃~220℃
20℃毎の5段階
160℃まで約30秒対応ホワイト
orブラック
マット
約2.0mなし
シリコンキャップあり
あり
約1時間後
持ち運びたい
海外在住
絹女とKINUJO Wの比較

違い①サイズ:絹女が大きい

絹女KINUJO W
本体縦:288mm
横:62mm
高:38.5mm
縦:289mm
横:40mm
高:31mm
プレート縦:100mm
横:28
mm
縦:90mm
横:24mm
重さ約390g約346g
絹女とKINUJO W比較|サイズ

本体のサイズ

縦の長さはほぼ同じですが

横が2cm、高さ8mmほど絹女の方が大きいです。

絹女が大きい理由は、特徴的な出っ張り構造!

この出っぱりと滑り止めのポツポツのおかげで

腕を上げたままでも髪を均一にプレスできます!

ストレスなく使えるんです◎

プレートのサイズ

プレートサイズの比較(イメージ)

プレートの大きさが縦1cm、横4mm絹女の方が大きいです。

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、これが大違い…!

挟める髪の量とクセの伸びが違うんですよ〜。

プレートが大きいと時短にも繋がるしクセも伸ばしやすいよ◎

違い②価格:ワールドが6,600円安い

絹女KINUJO W
価格19,800円(税込)13,200円(税込)
絹女とKINUJO W比較|価格

絹女とキヌージョワールドの価格差は6,600円!

同じシルクプレートを採用してるならワールドが断然お得、と思いますよね。

でも、ちょっと待ってください!

毎日アイロンを使う人は絹女を選んだ方が後悔しません!

365日使ったとすると、1日たった18円の差。

それくらいだったら間違いなく絹女を使う価値があります!

毎日使うのに嬉ししいポイント

  • プレート大きく時短になる
  • 均一にプレスしやすくスルんと伸びる
  • 細かい温度調整で熱ダメージを減らせる

お出かけの日だけ使うという人はワールドを購入がお得♪

違い③温度調整:絹女の方が細かく設定できる

絹女KINUJO W
温度130℃~220℃140℃~220℃
調整10℃ごとの10段階20℃ごと5段階
ボタン外側内側
立ち上がり180℃まで約20秒160℃まで約30秒
絹女とKINUJO W比較|温度調整

温度調整や立ち上がりのスペックは断然、絹女が優秀◎

ワールドは全てのスペックを少し落とした印象。

温度調整は、細かく使っていない人もいると思いますが

パーツやダメージ度合いに応じて変えたほうが髪への負担が減りますよ!

私は使い分けてます

  • 前髪:140度
  • 痛みが多いところ:150度
  • 痛みが少ないところ:160〜180度

なので、細かく調整できる絹女がオススメですね!

温度調整操作にも差があります。

絹女のボタン
  • 絹女:外側、カチカチというボタン
  • ワールド:内側、ピッピというタッチパネル

違い④本体の色・素材:ワールドは汚れやすい

絹女KINUJO W

高級感のある
パールホワイト
ホワイト
orブラック
素材丈夫な
プラスティックボディ
マットな
オシャレ質感
汚れが気になる…
絹女とKINUJO W比較|本体の色・素材

絹女はホワイトのみですが、ワールドには最近ブラックが登場しました!

カラバリについては、もう少し増えると色々選べて嬉しいですよね…。

どちらか選ぶ上で、ぜひチェックして欲しいのが素材の質感です。

質感の違い

絹女の持ち手は丈夫なプラスチック長年使っても綺麗なパールホワイトをキープ◎

一方で、KINUJO Wはマットな質感。

パッと見ではオシャレなのですが使っていると大問題が…!!

マットなKINUJJO Wは、持ち手が汚れやすい!!
※個人的に1番ガッカリポイントでした😭

ファンデ汚れやスタイリング剤がついて、段々とベージュになってしまいました。

メイク落としでこまめに拭いてあげると、一応取れましたが綺麗にキープするのが大変…。

見た目的にも圧倒的にスタンダードの絹女の方がしっかりしてて高級感があります。

長く使うならスタンダードな「絹女」一択。

違い⑤海外対応:ワールドのみ対応

絹女KINUJO W
海外対応非対応海外対応
収納ロック機能なし
ケースなし
ロック機能なし
シリコンケース付
重さ約390g約346g
絹女とKINUJO W比較|海外対応

よく海外旅行に行く人なら気になる、ヘアアイロンそのまま使えるのか問題!!

結論、海外で使うならKINUJO W一択です。

残念ながら、絹女は国内専用です。

ただし海外対応のものでも電圧が不安定など不慮の原因でアイロンがダメになってしまうことも
短期の海外旅行ならSALONIAなど、安価な海外用を別で買った方が無難。

KINUJO Wは収納・持ち運びに
便利なシリコンキャップつき

けれど、冷めてからしまうことが推奨されているからヘアアイロンケースをどっちみちゲットした方が良さそう。

≫ KINUJO公式サイト

※ 送料無料・メーカー1年保証つき

絹女とキヌージョワールド迷った時の選び方

最後に絹女とKINUJO Wの選び方をまとめます。

迷ってしまって決めきれない場合は、ぜひ参考にしてみてください。

絹女がオススメ

  • 時短したい
  • クセが強い
  • 毛量が多い

KINUJO Wがオススメ

  • 持ち運びたい
  • 海外在住

「絹女」はこんな人にオススメ!

悩んだらスタンダードな絹女を購入した方が後悔がなく、オススメです!

6,600円の金額差がありますが365日使ったら1日たったの約18円の差です。

絹女がオススメ

  • クセ毛をしっかり伸ばしたい
  • 毎日ヘアアイロンを使う
  • 髪が多い、剛毛のクセ毛に悩んでいる
  • 毛先は内巻きにしたい

関連記事:【本音レビュー】絹女の口コミは悪いのか?実際に使用したメリット・デメリット

送料無料!安心の1年保証つき

「KINUJO W」はこんな人にオススメ!

海外含め、持ち運びする前提であれば絹女ワールドを選んだ方がいいと思います!

使用頻度が少ない人もワールドの方がコスパ◎

KINUJO Wがオススメ

  • 海外で使いたい
  • 持ち運びたい
  • 髪が短い
  • 毛量は多くない
  • 黒いアイロンが欲しい

送料無料!安心の1年保証つき

結論:迷ったらオススメは「絹女」

いかがでしたか?

悩む人が多い「絹女」か「KINUJO W」について

をご紹介しました。

オススメは「迷ったら絹女!」です。

注意!絹女には偽物・非正規品が…

口コミの一部に「非正規品」を購入してすぐ壊れてしまったという方もいました。

家電は初期不良や故障がつきもの。

送料無料・1年メーカー保証の公式サイトからの購入が安心!

≫KINUJO公式サイト

よかったらシェアしてね!

※アイロンの熱ダメージが気になる人には
絹女が選ばれています!

ダメージレスなストレートを目指すなら絹女をぜひ選択肢に入れてみてください。

≫絹女の公式サイトはこちら

絹女は以下のようなメリットがあり、個人的にイチオシ◎

私も3年愛用しているので自信を持ってオススメできます!

  • 価格が2万円以下
  • 温まるのが超早い
  • プレートの作りが精密で扱いやすい

詳細が知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

絹女の悪い口コミ・壊れやすい?の真相をクセ毛女子が本音レビュー

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる